unID認証Help

スマホを「鍵」としてフィッシング詐欺防止

unID認証は手軽さとなりすましや乗っ取りを強固に防ぐ安全性を両立します

unIDAuthHelp1

事前に※unID認証「ユニバーサルキー機能」対応アプリをスマホなどにダウンロードしてご利用ください

※2016.6時点、iOS版「アナイディ「unID」/ID公開不要のコミュニケーションツール」「アナイディ「unID」Lite/登録不要の気軽なコミュニケーションツール」など。順次対応アプリ拡大中

unIDAuthHelp2

1分で見るunID認証

アナイディ認証について

ID/Passwordの管理の大変さをアナイディ認証が解決します

サービス利用に必要な認証情報をスマホなど手元の端末に安全に保存します

ID,Passwordいずれも不要で手軽なのにより安全な認証を実現。共用PCなどでも安心して手軽にログインできます

unID認証のサンプルはこちらから手軽にお試しいただけます。

株式会社プラットフィールドHP

ID/Passwordどちらも不要で安心手軽なログインを

画面に表示された数字4桁のsPINコードをスマホに入力するだけの簡単操作で安全にログイン
画面に表示された数字4桁のsPINコードをスマホに入力するだけの簡単操作で安全にログイン

unIDアプリが「認証ユニバーサルキー™」機能に対応

アナイディ「unID」アプリがID/Passwordのいずれも不要なのに安心・手軽なunID認証をサポートしました。(2016/2/9時点iPhone版のみ)

unID認証に対応するサービスで「認証キーを作成」し、アプリに保存をするだけで準備OK。

以降、同サービスにログインする場合は「unID認証」ボタンをクリックして画面に表示されるsPIN(毎回ランダムに表示される4桁の数字)をiPhoneに入力するのみ。

操作は単純ですが、背後ではサービス⇄ユーザー双方向の公開鍵認証が行われている安全設計です。

unID認証の「認証ユニバーサルキー」機能に今回対応したアプリのDLはこちら

「アナイディ「unID」/ID公開不要のコミュニケーションツール」(3/9まで無料:unID認証対応記念セール)
「アナイディ「unID」Lite/登録不要の気軽なコミュニケーションツール」(無料バージョン)

(順次対応アプリを追加リリース予定)

unID認証対応サービスサンプル

http://unid.pw/sample/

※登録画面から「unID認証キー作成」したうえで、「unID認証」ログインをお試しください。

株式会社プラットフィールドHP

unID認証サービスをローンチします

世の中はID・Passwordであふれています。新しいサービスの利用を始めるごとにメールアドレスを登録してそのサービスのアカウント用にIDとPasswordを発行することの繰り返しです。

世の中はID・PASSであふれています
世の中はID・PASSであふれています

 

管理が大変。盗まれたらもっと大変。

複数のサービス間でIDやパスワードを使いまわすとアカウント乗っ取りなどのリスクが高まるのでNG。パスワードは定期的に変更しなければいけない。メールに記載されたリンクは不用意に開いてはいけない。などなど、長年使われてきたID&PASSの仕組みは一般のユーザーが取り扱う仕組みとしては、破綻しつつあると言っても過言ではないでしょう。

ID/PASS管理が大変。盗まれたらもっと大変。
ID/PASS管理が大変。盗まれたらもっと大変。

”認証ユニバーサルキー”で全てを解決します

そこでID管理不要の安心・気軽なネットライフを標榜するアナイディ「unID」サービスとしてはこれに対応すべく、新しい認証サービス「unID認証サービス」を立ち上げます。

この「unID認証サービス」では”認証ユニバーサルキー”という機能を提供し、ID・パスワード不要の認証を実現します。

”認証ユニバーサルキー”で全て解決します

”認証ユニバーサルキー”で全て解決します

”unID認証”は本当に安全なの?

unID認証“では

  • ID/Password入力を不要にします。
  • 内部的にもパスワードの受け渡しをしません。
  • ユーザー認証のみならずサービス認証も加えた双方向認証を行います。

例えばPIN入力という簡便なユーザーの操作の裏で

  • サービス側と認証ユニバーサルキー側で毎回使い捨ての認証チケットの交換

という高度な認証処理が自動的に行われます。

したがって、

  • パスワードの漏洩は原理的にありえません。
  • 「偽サービス」など「なりすまし」によるフィッシング詐欺を強力に防止します。

 

”unID認証”は本当に安全なの?
”unID認証”は本当に安全なの?

認証ユニバーサルキーでのログインは簡単です

認証ユニバーサルキーでのログインは簡単です。
認証ユニバーサルキーでのログインは簡単です。

”認証ユニバーサルキー”を使った認証やログインは簡単です。

  1. 通常のID/Password認証の代わりに「unID認証」を選択します。
  2. 画面に表示されたPIN(←正しくは「Streamed PIN」;通称「sPIN」という独自開発のPINコード。詳細は別の機会に。)を手元のユニバーサルキー対応アプリ上で入力(ユーザーの操作はこれだけ!)
  3. バックグラウンドで自動的に使い捨ての認証チケットのやりとりを行い、ユーザーとサービスの双方向で認証実施。
  4. 認証に成功すれば、自動的にログイン後の画面に遷移します。認証ユニバーサルキー上では「どのサービスにどのユーザーとしてログインをしたか」が報告されます。ID/Passwordなどの大事な情報を一切入力することなくログインできますので、例えばネットカフェ環境など出先のPCでも安全にログインすることができます。
画面に表示されたPINを手元のユニバーサルキーに入力するだけで認証OK
画面に表示されたPINを手元のユニバーサルキーに入力するだけで認証OK

unID認証は利用準備も簡単です

利用者がunID認証をサポートしたサービスでこれを利用したい場合に必要な準備作業も以下の通り簡単です。

unID認証は利用準備も簡単です
unID認証は利用準備も簡単です

unID認証をサポートするサービスでユーザーがこれを利用するために必要な準備は同サービスが発行する認証ユニバーサルキーをiPhoneやAndroid端末など手元の対応アプリ上に登録するだけです。具体的には、

  1. unID認証をサポートするサービスでの「新規ユーザー登録時」、あるいは同サービスへのログイン中に「アカウント情報管理画面」などから「認証キー作成」ボタンをクリックします。するとPINコード入力用の画面が表示されます。
  2. iPhoneやAndroidなどの手元の端末(Apple WatchなどスマートWatchにも要望があれば対応したいですね!)上の認証ユニバーサルキー対応アプリで「認証キー追加」画面を開きます。
  3. 手元の認証ユニバーサルキー対応アプリ画面上に表示されたPIN(正しくはsPIN)をサービス側のPINコード入力用の画面に入力します。(利用者の操作はこれだけ)
  4. あとはバックグラウンドで自動的にサービスと認証ユニバーサルキー対応アプリ間で鍵情報などが交換され、unID認証の利用準備完了です。
利用準備は手元のユニバーサルキーに表示されたPINをサービス側の画面に入力するだけ
利用準備は手元のユニバーサルキーに表示されたPINをサービス側の画面に入力するだけです

unID認証はサービスへの導入も手軽です

既存のサービスや新規サービスにunID認証を組み込むことは難しくありません。基本的には、

  • ユーザー登録/管理画面に「認証キー登録用ボタン」
  • ログイン画面に「unID認証ボタン」

を組み込むためにそれぞれ数行程度のコードを追加するのみの感覚で導入OKです。

さらに高度な連携を行うために+αのコードが必要になる場合もあるかもしれませんが、いずれにしてもunID認証を組み込むことは手軽に実現できるようになる予定です。

APIやコードのテンプレートも公開を予定しています。

unID認証はサービスへの導入も手軽です
unID認証はサービスへの導入も手軽です

unID認証を導入・追加するメリット

サービス提供者にとって

  • より安全なログインオプションの提供

通常のID/PASS認証に加えて(あるいは置き換えて)より安全な認証オプションを提示できるようになります。

  • メールアドレスなしのユーザー登録手段の提供

認証ユニバーサルキー対応アプリさえ手元の端末にインストールされていれば、そのアプリで従来アカウント作成時にメールアドレス登録をすることで行っていた本人確認、通知作業などを代替することができるので、メールアドレス登録なしのユーザー登録手段の提供も必要に応じて可能となります。

  • 各ユーザーのアプリへのプッシュ通知+メッセージング機能の利用

一旦、認証ユニバーサルキー登録が済めばユーザーのログイン/ログアウト状態を問わず、必要に応じてプッシュ通知を送ったり、メッセージング機能を利用することも可能となります。

ユーザー(サービス利用者)にとって

  • ID&パスワード管理から解放
  • ネットカフェ環境など出先のPCからでも安心なログイン
  • フィッシング詐欺の防止
  • 認証の履歴管理
  • 簡単安心な各種サービスのアカウントの集中管理

などが実現可能になります。

OAuthやOpen ID Connectなどリダイレクトさせての認証を提供されているサービスプロバイダーのみなさまへ

リダイレクトした先で認証し、認証後、元のサイトに戻る形式のサービスを提供されている場合、そのリダイレクト先が正規の認証画面であることをユーザーが手軽に確認できる(表示された認証画面でID/Passwordを入力することなく、その画面が手元の端末に登録済みのサービスかどうかを確認した上で認証できます)点でunID認証は相性が良く、従来の認証手段に加えてunID認証オプションを実装するメリットは大きいのではないかと考えていますが、いかがでしょうか。一度ご検討いただけると幸いです。

m(_ _)m

unID認証導入のメリット
unID認証導入・追加のメリット

”認証ユニバーサルキー”対応予定アプリについて

unID認証は”認証ユニバーサルキー”に対応したアプリがないことには話が始まりません。

そこでまず私どもの、

〜ユーザー登録/認証不要の無料通話&メッセージアプリ〜 アナイディ「unID」アプリ

無料のLite版(iOS)

https://itunes.apple.com/jp/app/anaidi-unid-lite-deng-lu-bu/id938065483?mt=8

フルバージョン版(iOS)

https://itunes.apple.com/jp/app/anaidi-unid-id-gong-kai-bu/id687199494?mt=8

無料のAndroid版(Android)

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.platfield.unid&hl=ja

バージョンアップ時に”認証ユニバーサルキー”対応機能を実装、提供することにしました。もちろん、認証ユニバーサルキー機能部分のみを利用していただくこともできますし、別途、独自のアプリに実装対応していただくことも可能とする予定です。(SDKの形での提供も計画しています)

認証ユニバーサルキー対応予定アプリ紹介
認証ユニバーサルキー対応予定アプリ紹介

unID認証サービスに関するお問い合わせ

独自アプリへの「認証ユニバーサルキー」対応実装やOEM提供、その他、unID認証サービスに関するお問い合わせは以下のメールアドレスまで。

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

あるいはこちらからお願いします。

アナイディ認証(unID認証)紹介サイト

認証付き短縮URL

認証付き短縮URL機能をつくってみました

アナイディ「unID」サービス開発の過程で必要に迫られて「認証付き」の短縮URL機能をつくってみました。

その名の通り通常の短縮URL機能に簡単な認証機能を加えたもので、簡単に言えば、認証をパスしないと短縮URLが展開されず、設定されたページに転送しないようになっています。

また同じ短縮URLでも認証したアカウント(メンバー)によって異なるURLに転送したり、一つのアカウントに対して複数の転送先URLを設定して認証後に簡単な選択画面を表示し、ユーザーに転送先を選ばせるということができるようになっています。


認証付き短縮URL機能サンプル

  • menu付き

http://unid.io/menu

  • menuなし(認証後ダイレクトに転送)

http://unid.io/try

いずれもID: unid , PASS: unid

でお試しいただけます。


 

認証付き短縮URL
認証付き短縮URL
認証付き短縮URLメンテナンス画面
認証付き短縮URLメンテナンス画面

かなり特殊な機能だとは思うのですが、もし需要があるようでしたらサービス化も考えたいと思います。ご意見、ご要望などございましたら是非お聞かせください。

メール参加機能を「スクエア」にも対応させるアップデートを公開

アナイディ「unID」アプリ アップデート

iOS版のアナイディ「unID」(フルバージョン)及び、Android版のアナイディ「unID」がアップデートされました。(iOS版のアナイディ「unID」Lite(ライトバージョン)のみAppleの審査に手間取っており、まだ6/16現在公開できておりません。お待たせして申し訳ありません。)

今回のアップデートの目玉はグループ機能「unIDスクエア」でのメール参加機能追加です。

PCユーザーやガラケーユーザーを含めてアナイディのアプリを持たない人、あるいはスマホを利用しているけどアプリのダウンロードが面倒、したくない人でも気軽に簡易な形でグループに参加できるようになりました。

2つのグループ機能「unIDサークル」と「unIDスクエア」
2つのグループ機能「unIDサークル」と「unIDスクエア」

アナイディでは1対1の個人的「つながり」に加えて、2つのグループ機能を利用できます。

1つ目がunIDサークル、通称「サークル」機能で、参加メンバー全員との一斉コミュニケーションやメンバーの中から相手を指定しての1対1のコミュニケーションなどが手軽にできるグループ形態です。

もう一つがunIDスクエア、通称「スクエア」機能で、グループのオーナーからメンバー全員への一斉連絡と各メンバーからオーナーへの個別返信に対応。各メンバーは自分以外のメンバーに関する情報が一切見えない、メンバー間のプライバシーに配慮したグループを運営できます。今回、こちらにもメール参加機能が対応しました。空メール送信だけで手軽にグループに参加、オーナーからの一斉連絡をメールで受信、これをそのままメールで返信することでオーナーに返事を返すことができるようになりました。もちろん普段使いのメアドでOK。しかもそのメアドを秘密にしつつ利用することができるようになっています。(オーナーを含めて他人に知らせる必要は一切ありません)是非お試し下さい。

その他、OSのアップデートに伴って、動作が不安定になっていた「シェーク」機能によるつながり作成、その他多数の不具合なども今回のアプリアップデートで改善しました。

このようにみなさんに早めにご利用いただきたいアップデートなのですが、上述の通りiOSのLite版のみ、公開が若干遅れてしまっております...。

そこで、iOSのフルバージョンの方を期間限定で値下げ(無料DL)とさせていただきます!ので、Lite版ご利用の方は今少しお待ちいただくかフルバージョンの方をダウンロードしてお試し下さい。

ただいま期間限定でiOS版アプリ(フルバージョン)ダウンロード無料
ただいま期間限定でiOS版アプリ(フルバージョン)ダウンロード無料

空メール送信で返信が返ってこない、その他メールが届かないとき|FAQ

空メール送信後、あるいはメールアドレス登録後などに送られてくるはずの確認メールが受信できない場合は以下の点をご確認ください。

●携帯などのキャリアメールを利用している場合

→キャリアの設定で受信を拒否されている可能性があります。

「ドメイン受信設定」(受信許可設定)で「@unid.net」からの受信を許可するよう設定をしてください。(キャリアによっては「受信許可リスト設定」画面で「unid.net」の文字列を「後方一致」という条件で登録していただく必要がある場合もあります)

携帯電話に不快な迷惑メールが届かないように、各携帯電話会社(キャリア)では携帯電話以外から送信されたメールを受信できないように設定がされている場合があります。
例えばauの初期設定ではパソコンなどからのメールは一切受け付けないようになっているとの話もあります。
この場合「アナイディサービスから送られたメールは受信したい」という内容の設定を各自行っていただく必要があります。
これが「ドメイン受信設定」という設定となります。キャリアごとに設定の方法が異なりますので、確認の上、おためしください。

●PCからメールを利用している場合

→迷惑メールフォルダに誤って移動されている可能性があります。

迷惑メールフォルダ内をご確認ください。

 

なんとなく不調なとき|FAQ

アナイディ「unID」、アナイディライト「unID」Liteがなんとなく不調なとき、まずは一度以下の操作を試してみてください。

  1. 設定>つながり管理画面 を開く
  2. 「つながり情報再取得」をタップ

これで全てのつながり情報をサーバーから再取得し、最新状態に更新されるため、不調がその原因によっては解消される場合があります。

つながり情報再取得
動作が不安定なときは一度「つながり情報再取得」を試してみてください。

 

安心・気軽に参加できる連絡網を作るということ|いろいろやってみましたがどうでしょう

プライベートなメールアドレスや電話番号などあまり色々な人に知らせたくないという人はいませんか。LINEなども本当に仲の良い友だちであれば、とても楽しくてよいのですが、例えばそれほど親しくない人も含めて連絡網のために「LINEのともだち」になってくれといわれると抵抗感がある人もいるのではないでしょうか。

アナイディ「unID」サービスでは「疲れない、安心なネットライフ」実現の一助となることを目指し、サービス立ち上げ時より、必要以上に連絡先をばらまかない、不要になれば連絡先を回収できるサービス作りにチャレンジしています。例えば端末の電話帳情報を取り出さない、「知り合いかも」的な機能も深く考えることなく不用意につけてしまわないなど、こだわっています。

必要以上の情報登録を求めないように、より手軽にとユーザー登録・認証作業不要で利用開始ができるようにしたり、用途に応じて複数のプロフィールを使い分ける機能を用意したりと、これまでいろいろやってみました(これからもやっていきます)が、プライバシー保護と利便性向上のバランスをとることはなかなか難しいというのが率直な感触です。そこで今回、そもそもの原点である安心・気軽な連絡網の実現を目指す「サークル」へのメンバー招待を実現するために用意された機能の一つ「招待URL」について、現状をご紹介し、確認してみたいと思います。

まずはアナイディ「unID」サービスのサークル|グループ連絡網機能のサンプルへの招待URLを具体的にひとつ

サンプルサークル招待QR
アナイディさんぷるサークル 招待QR

招待URL: http://unid.co/36J8iw2

こちらは検証用のサンプルサークルとなっていますので、参加/脱退を含め、常識的な範囲で自由にお試しいただいて結構です。(本サンプルサークルにつきましては予告なくクローズする場合があります。あらかじめご了承ください。)

招待URLをPCで開いた場合

招待URLをPCで開いた場合は空メール送信を案内する画面が表示されます。

指定されたアドレス宛に空メールを送信すれば、「サークル」への参加登録は完了。(注.登録完了メールが届かない場合は迷惑メールフィルタなどで誤って受信が妨げられている可能性があります。この場合は「@unid.net」からのメールを受信許可した上で、改めて再登録(空メール送信)をしてください。)

以後、「サークル」でのグループ連絡はメールで送受信できるようになります。

招待URLをPCで開いたときのフロー
招待URLをPCで開いたとき

なお、個人のメールアドレスはグループ管理者も含めて他のメンバーにばれない仕組みとなっていますので安心して参加・ご利用いただけます。「サークル」を脱退したくなったら、別途所定のメールアドレス宛に空メールを送信するだけでOK。簡易なメーリングリスト的にも利用できます。

メールでのサークル参加概要
メールでのサークル参加

iOSやAndroid端末で開いた場合

招待URLをiOSやAndroid端末で開いた場合にはアプリを起動する画面が表示されます。

ボタンをタップすると、アプリを持っていない場合は自動的にAppStoreやGooglePlayが開いてアプリダウンロードの誘導があります。ダウンロード後、はじめてアプリを起動した際も、ニックネームだけ登録すれば利用開始可能ですので、特に戸惑うことはないかと思います。

iPhoneやiPod touchなどiOS端末の場合は、「アナイディ「unID」」か「アナイディライト「unID」Lite」を選択できますが、どちらでも持っているアプリを選んでいただいて結構です。もし、はじめてでアプリを持っていない場合は「アナイディライト「unID」Lite」(もちろん無料です)の方がシンプルな機能で手軽ですのでお勧めします。

既にアプリを利用している場合は、ボタンをタップするとアプリが起動し、招待されているサークル|グループ連絡網への参加リクエスト画面が表示されますので、画面右上の「リクエスト」ボタンをタップすれば、参加申込は全て完了です。

iOS端末で招待リンクを開いたときの流れ
iOS端末で招待リンクを開いたとき

Android端末で招待リンクを開いたときも基本的な流れは全く同じです。

既にアプリを利用している場合はボタンをタップするとアプリが起動して参加リクエストの画面が表示されますので、「リクエスト」ボタンをタップしてください。

アプリを持っていない場合はボタンをタップするとGooglePlayに誘導されますので、アプリをインストール(もちろん無料です)して、アプリを開いてください。

Android端末で招待URLを開いたときの流れ概要
Android端末で招待URLを開いたとき

iOS版、Android版ともにはじめてアプリを開いたときは「新規利用開始」→→「ニックネーム」(後から変更も可能)を入力して「登録せずにunIDをつかう」を選ぶ→「アナイディの簡単な説明画面」が表示されるのでこれを閉じれば利用開始準備OK。

アプリを利用する場合はメンバーを指定して1対1のプライベートなチャットや無料通話なども利用できますので、是非、iPhoneやAndroid携帯を使用されている方はアプリを試してもらいたいと思います。

そもそもアナイディ「unID」でともだちを招待する主な手段としては、

  1. QRコードで招待
  2. 招待URLで招待
    • 招待URLをメール、LINE、TwitterのDMやHPなどでともだちに告知
  3. 参加申込「空メール」送信先アドレスを告知して招待(サークルのみ)
  4. 既存の「つながり」一覧の中からメンバーを選択して招待

他がありますが、今回はこれらの中でも特に招待URLを中心に紹介させていただきました。端末内の電話帳から招待するともだちを探せないという制約が手軽さという意味ではやはりかなり厳しいですね。

ご意見、ご提案などございましたら、お聞かせいただけると嬉しく思います。

はじめてアナイディ「unID」を使う

アナイディ「unID」は面倒なユーザー登録や認証不要でアプリをダウンロードすればすぐに無料通話やメッセージ(チャット)・グループメッセージ(グループチャット)などを利用開始できます。

はじめてアプリを起動すると「ログイン」か「新規利用開始」を選ぶ画面が表示されます。機種変更などで以前のデータを引き継ぐときは「ログイン」を使用しますが、今回ははじめての利用ですので、「新規利用開始」を選びます。

はじめてunIDを起動する
はじめてunIDを起動する

新規利用の場合、利用規約が表示されますので、内容を確認の上、同意していただければ次に進みます。

利用規約の確認が終わればアナイディ「unID」サービスで利用するニックネームを決めます。

ここで設定したニックネームは後ほど変更することも複数用意して切り替えることも可能ですので、気楽に決めていただいて結構です。

サービスで利用するニックネームを決めます
サービスで利用するニックネームを決めます

ニックネームを決めると「メールアドレスを登録する」か「登録せずにunIDを使う」かを選べます。

例えば機種変更などの場合でアナイディの基本情報を別の端末などに移行したい場合、メールアドレスの登録などが必要(悪意ある他人による基本情報の乗っ取りなどを防ぐため)となりますが、これは後からでも行うことができますので、取り急ぎ、サービス利用を開始するのであれば、「登録せずにunIDを使う」でOKです。

次にアナイディ「unID」のサービス概要を案内する画面が表示されますが、これを閉じれば全ての準備は完了です。

ようこそ、アナイディ「unID」の世界へ!!

ようこそunIDへ
ようこそunIDへ!